おおともゆう『Riverside Blues』

深川生まれ深川育ち浅草在住の江戸っ子シンガーソングライターおおともゆうの2ndアルバム。
リバーサイドに住む人間特有の憂鬱とロマン、孤独と郷愁を歌った「Riverside Blues」
佃島や月島、門前仲町への愛と思い切れない恋の苦さを歌った「花の大江戸」
リバプールのマージー川で出会った時代錯誤の男たちとの想い出「Young John」
今の自分が大嫌いで、過去も嫌いだ君が羨ましいと泣き言を言い放つ「理想の音楽」
など、人間として生きる上での全ての感覚が詰まった今作が令和元年に生まれたことに意味あり。

【アーティスト紹介】
おおともゆう
東京は深川生まれ深川育ち浅草在住の
江戸っ子シンガーソングライター。

ジャンルレスな幅広い楽曲に、強くもあり繊細な歌詞。
一度聴いたら忘れられない艶のあるハスキーボイスに、破天荒な生活ぶりから発せられる大江戸の風。

これまで自主制作したアルバムは全て即完し、ラジオやテレビ、自主企画イベントやアート性の高いイベントでのライブが定評を呼び、幅広い年齢層をファンに持つ。

下町の文化、落語、赤提灯、銭湯、もんじゃ焼きを好み、また落語家「和泉屋綺談」としての顔も持つ。

【曲目リスト】
1. 花の大江戸
2. Riverside Blues
3. 井の頭線
4. アンタ
5. 理想の音楽
6. Young John
7. Cat Walker
8. 場末のブルースバー
9. あのさ
10. 妖怪
11. ホントの気持ち
12. ラストソング
型番 OTOM2019
販売価格 2,000円(税込2,200円)
購入数

発売日

※弊社から注文完了のメールやお知らせをお送りしますので、『agalta.net』をドメイン指定解除の上ご注文をお願いいたします。

キャンペーン












TOP