石村吹雪『たのみごと』

 そうしなくてはならないよ、ああでなくてはならないよ、こうするべきだったんだよ、そんなことであってはならないんだよといった、恩着せがましくわけ知り顔なことばを、押し付けてしまいがちなのが若さであり、一方では窮屈な様式美に縛られて足掻き続けるのも若さ。
 年齢を重ねていけば果たして、そうした不自由な若さからの脱却・解放は成されるのか。
 敢えて制作時期が二十年以上にわたる、音源化しそびれて来た作品たちを束ね連ねて2019年の今、石村吹雪がようやく目指したBGM。

【アーティスト紹介】
 もう充分「ベテラン」と言って良い彼は、東京出身のシンガーソングライター。

 基本的には、ギター一本の弾き語り。
 独特の詞の世界とコード進行は、誰かに強く影響を受けた訳では無く、むしろ外部からの刺激に左右される事無く、脈々と己の世界を構築して来た。これは実際には稀有な例だ。
 普通は多かれ少なかれ、その音楽の中に、誰かしらレジェンドの影が見え隠れするものだ。だが、彼の音楽には誰の影も見えない。とにかく個性的でユニークだ。

 石村吹雪は多作だ。とにかく持ち曲数がハンパない。見たモノ、感じたモノを片っ端から曲にする。食べ物ネタから、野球ネタ、電車通勤ネタ、ちょっとしたストーカー的な話しや、お気に入りの理髪店まで、出会い頭に何でも歌にしてしまう。
 「愛の歌」「人生の歌」も結構多いが、その表現も独特でリアリティーに溢れ、そして説得力がある。

 歌を楽しむとは、音楽を楽しむとは、こんな形もあるんじゃないですか?とオーディエンスに提案し、共感を得ている。

※池袋フィールドのブログより抜粋

【曲目リスト】
1. 平和の証明
2. 次元
3. ふつうのお願い
4. 信じなさい
5. 高校生日記
6. 霞
7. 逢坂より
8. 生姜焼き史
9. 開運坂を君とのぼりたかった
10. はずれなし
11. あなたのために
12. 錯乱の友人
型番 PMCD-3719
販売価格 1,852円(税込2,000円)
購入数

発売日

※弊社から注文完了のメールやお知らせをお送りしますので、『agalta.net』をドメイン指定解除の上ご注文をお願いいたします。

キャンペーン












TOP