Masafumi Rio Oda『electric-Abyss』

Masafumi Rio Oda 2ndアルバム。ジャズ界や現代音楽界から非常な好評を得た1stソロアルバム「Synthesized, then desynthesized.」リリースより約一年、アメリカ、ドイツ、そしてタイ等の電子音楽祭での国際的な入選を経て、満を持してのリリース。全8曲内、3曲目「Nostalgia Mass」はワシントン州立大学主催電子音楽祭2019入選作品。7曲目「Fragile Water」はドイツeviMus主催ザールブリュッケンでの電子音楽祭2019入選作品。ストイックな1stに比し、一曲一曲が聴きやすい長さで、また近年の織田の、リズミックな要素、美しい音響、また時に調性的な旋律に対する積極的な関心が反映されている。

【アーティスト紹介】
上智大学大学院哲学研究科にてドゥルーズについての修士論文で修士号取得。その後もアカデミックな哲学文献研究と自身によるユニークな哲学的立場の追求との間を自由に横断しながら、電子音楽や映像といった形でその実践ないしアウトプットを試みている。河合孝治氏プロデュース兼メンバーの音楽ユニット「空観無為」にて電子音響を担当。また2019年に初のソロCD「Synthesized, then desynthesized.」を発売。ワシントン州立大学主催電子音楽祭2019にて映像作品「Nostalgia Mass」入選。同年ドイツeviMus主催の電子音楽祭にて5.0chサラウンド電子音楽作品「Fragile Water」入選。タイ・ニューミュージック&アートシンポジウム2020にて映像作品「Hell of Light」入選、期間中Bangkok Art and Culture Centre (BACC)にて展示。アート団体「SORAE」副代表。

【曲目リスト】
1. Sad Atmosphere
2. Abyss
3. Nostalgia Mass
4. Festival of Things-in-Themselves
5. Festival of Things-in-Themselves
6. Festival of Things-in-Themselves
7. Fragile Water
8. To the Re:Opening...
型番 CPCD-302
販売価格 2,273円(税込2,500円)
購入数

発売日

※弊社から注文完了のメールやお知らせをお送りしますので、『agalta.net』をドメイン指定解除の上ご注文をお願いいたします。

キャンペーン










TOP