藤波結花 『〜より深く、より華やかに〜 藤波結花 ピアノリサイタル』

ピアニスト藤波結花の待望のソロアルバムが全国発売!
津田ホールでのライブ・レコーディングとなる。
プログラムである、ショパン、ドビュッシー、バルトーク、リストへのそれぞれのアプローチは繊細でいて大胆。音への拘りは、あたかも作曲家に成り代わり、その裏にある心情を吐露しているようだ。

ピアニスト 藤波結花 略歴
国立音楽大学卒業、及び同大学大学院修士課程(ピアノ)修了。ウィーン国際音楽セミナーにて研鑽を積む。21世紀ピアノコンクール2位、大阪国際音楽コンクール入選。及川音楽事務所オーディション優秀新人賞受賞。ソロ活動の他、伴奏、室内楽でも活躍し、日経新聞社主催ミューズサロン「 チェロ名曲の夕べ」にてレオニード・ゴロホフ氏や、 東京ベートーヴェンカルテット、 プリマ・ヴィスタ四重奏団(ポーランド)と共演を重ねる。2012年にはポーランドのシレジアフィルハーモニー管弦楽団とチャイコフスキーピアノ協奏曲第1番を共演。2013年度国際芸術連盟音楽賞受賞。日本演奏連盟会員。藤波結花ミュージック・プロダクション代表。公式ウェブサイトwww.yukafujinami.com
このCDは、2010年津田ホールにてソロリサイタルを開催した際のライブ録音である。当時各メディアにてその演奏は高く評価された。録音の機会が少ないバルトークの「2つのルーマニア舞曲」では、カラフルな音色使いや本能が騒ぐようなリズム感、また、大曲のリストの「ダンテを読んで」では、テクニックが全面に出がちだが、藤波結花の演奏は決してそうではなく、聞き手の内面に深く問いかけ感動を誘う演奏である。

【トラックリスト】
1.ショパン:ノクターン 第3番ロ長調 作品9-3
2.ショパン:スケルツォ 第3番嬰ハ短調 作品39 「前奏曲集 第1巻」より
3.ドビュッシー:アナカプリの丘
4.ドビュッシー:亜麻色の髪の乙女
5.ドビュッシー:沈める寺
6.ドビュッシー:西風が見たもの
 〜intermission〜
7.バルトーク:2つのルーマニア舞曲 作品8a
8.バルトーク:2つのルーマニア舞曲 作品8a 巡礼の年 第2年「イタリア」より
9.リスト:ソナタ風幻想曲 ダンテを読みて
 〜アンコール〜
10.リスト:愛の夢第3番
型番 MACS-11001
販売価格 2,381円(税込2,571円)
購入数

※弊社から注文完了のメールやお知らせをお送りしますので、『agalta.net』をドメイン指定解除の上ご注文をお願いいたします。

キャンペーン












TOP